【全国200店舗 全国チェーンの質屋さん】松前R56号店/松山久万ノ台店/新居浜店

松前R56号店/松山久万ノ台店/新居浜店

質屋かんてい局

お役立ち情報

Useful

2022年6月26日

ディオールのブランドイメージは?どんな年齢層が持っているの?

「DIOR 【ディオール】の歴史を知りたい」
「ブランドイメージを知りたい」
このようにお思いの方はいらっしゃいませんか。
そこで、今回はDIOR 【ディオール】の歴史とブランドイメージをご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

□DIOR 【ディオール】の歴史とは?

DIOR 【ディオール】は、1946年に第一号店をオープンさせました。
その翌年にはパリコレクションでデビューを飾り、華やかなスタートとなります。
このときに発表したラインが話題を呼び、ファッション業界ではニュー・ルックと呼ばれていました。

その後、毎年新しいラインを発表し続けます。
1950年代のファッションを牽引していた存在でしょう。
香水部門が設立されたのは1948年です。

設立から8年後には、本格的にコスメラインも始動します。

当時のフランスでは一流のオートクチュールブランドがメイクアップ製品をリリースすることが初めてでした。
そのため、大きく話題を呼びました。

□DIOR 【ディオール】のブランドイメージはどんな感じ?

ブランドにはブランドイメージというものがあり、理解しているとイメージに合わせたファッションやお化粧ができ、より美しくなれます。
以下でDIOR 【ディオール】のブランドイメージを紹介するのでぜひ参考にしてください。

服装、バッグ、コスメ、香水だけでなく、メンズラインやベビーラインなど幅広い層まで展開しているブランドです。
毎年オートクチュールにも出典するオールラウンドなハイブランドで、よくCHANEL 【シャネル】と並べられます。

多角的なブランド展開でオートクチュールのエッセンスをより広めているブランドと言えるでしょう。
高級感があるのに加えてシンプルなデザインで悪目立ちしすぎず嫌味がないのもポイントです。

年齢幅も20代から40代と幅広い層に人気があります。

これらがDIOR 【ディオール】のブランドイメージです。
コスメが人気であるため、DIOR 【ディオール】は女性らしいイメージとよく捉えられます。
料金の幅も広いため、購入を考えている方は一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

□まとめ

DIOR 【ディオール】の歴史をご紹介しました。
1946年に創業されて以来世界的ブランドとしてファッション業界、コスメ業界を牽引してきました。
また、DIOR 【ディオール】のブランドイメージもご紹介しました。
当社はブランド品の買取を行っています。
何か売りたいものがあればぜひご相談ください。

お問い合わせInformation